NGOMAでできるエコと自然保護

エコロジー

リデュース (廃棄物の発生抑制 使い捨て商品はNO!)
リユース  (再使用)
リサイクル (再資源化)  を心がけ、ゴミゼロを目指す。


ビニール(ポリエチレン製コンビ二袋も含む)や化学繊維は使わない、
買わないように心がける。


燃やしたり土に戻しても有害にならない、自然素材を使うようにする。
(もし最終処分場のゴミが土に流れても安全であるようにする)


生ゴミや落ち葉の堆肥化。
(土に帰すことで新しい命を育む  最終処分場のゴミ減量)


プログラムやチラシに反古紙も使用する。
(資源、消費エネルギーの節約)


なるべくエアコンは使わない。
(エネルギー節約、ヒートアイランド防止)


ンゴマの前でアイドリングをしているドライバーがいたら、
エンジンを止めてもらうよう声をかける。
(温暖化防止、ヒートアイランド防止)



日本で作られている食品を買う。
(日本の自給自足率アップを目指して)



商品購入の際、違法伐採、違法取引されていない商品かどうかを考慮する。


自然保護


イベント時に寄付金を募ったり、入場料の一部を世界自然保護基金WWFなどに寄付をする。


地球に生きるすべての生き物たちに目を向けるように心がけ、作品や創作活動に織り交ぜていく。

<お礼のごあいさつ>

おかげさまで2006年も、世界自然保護基金「WWF 2006年冬・ご寄付のおねがい 温暖化の向こうに」に寄付をすることができました。
NGOMAイベントにご来場頂きました皆様、ありがとうございました。
厚くお礼を申し上げます。


〜WWFの公式サイトより〜
「世界は今、危険な温暖化を防げるかどうか、ギリギリの局面にさしかかっています。残された時間は少なく、温暖化を一気に解消してくれる魔法の杖も存在しません。
今すぐ、あらゆる手段を使ってCO 2の排出量を大幅に減らす行動を起こし、たゆまずそれを続けていくこと。それが人類に与えられた、唯一の選択肢なのです。」

<今までの寄付記録>

2004年、アマゾン森林保護団体 「レインフォレストジャパン」
2005年、世界自然保護基金 「WWF アムールヒョウの保護」

2006年、世界自然保護基金 「WWF 温暖化の向こうに」

(アムールヒョウは、ロシアに30数頭しか生存しない絶滅危惧種で、日本企業の油田開発が進む中、そして、中国化学工場の爆発でアムール川が汚染される中、なんとか森を再生しようと、WWFロシア支部が保護に取り掛かり始めたところです。)

2016年12月現在まで、WWFジャパン.日本野鳥の会、などに定期的に寄付をしています

ツキノワかあさん

 

なんでも小屋

ンゴマ